農鳥小屋の農鳥オヤジ


9月16・17日の二日間、広河原~白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)~奈良田間をテントを担いで縦走してきました。

時期的に高山植物には殆どお目にかかれませんでしたが、南アルプスの雄大な景色を堪能することはできました。

しかし今回の山行目的は、3000m級の白峰三山の頂を目指すことでも、それら高山植物や素晴らしい景色を堪能する事でもありません。

農鳥小屋の農鳥オヤジに会い行くことが目的だったのです!

6時30分に広河原を出発し、左俣コース~北岳~北岳山荘~間ノ岳を通り、農鳥小屋に14時30分到着しました。

すでに先着者のテントが数か所に設営済で、お酒を飲みながら仲間と楽しそうにしています。

自分も早く至福の時を味わいたい…と思いつつ、すぐさま受付を済ませようと小屋に近づいたところ、知り合いのガイドさんがお客さん十数名(ほとんどが女性)を連れて小屋前で盛り上がっておりました。

するとそこへあの農鳥小屋の番人、農鳥オヤジさんが登場!

女性のお客さん達に、握手やらツーショット写真をせがまれ、けっこうデレデレ状態...

極めつけはオヤジにサインをせびっているお客さんまでも!

農鳥オヤジさん、と~っても上機嫌でした!

そこで僕も負けじと握手&記念撮影をお願いすると…

かのような記念写真を一緒に撮っていただく事に!!

真っ白いアゴヒゲを蓄え、ドス黒く日焼けした顔にネパール人のような帽子と薄汚れた作業着を着たオヤジさん・・・

小柄な体ながら、長年、山に生きてきた人だけに、独特の人間味にあふれ、何かたくましくも頼もしいものが感じられます。

忙しい中、少しだけお話しさせて頂きました。

ガイドをやっていることを話すと、「この辺りはいっぱい良いところがあるから、是非、お客さんたくさん連れてきてね~」と話されておりました。

お時間あれば、是非、一杯やりながらお話したかったです。

そして小屋にはアルバイトの女性もいらっしゃいました。

「来年もここに戻ってきますか?」とお聞きしたところ

「あの人が生きていれば・・・」との回答が・・・

是非、来年もお会いしましょう!


67回の閲覧

Copyright (C) 2014 jiyusha All Rights Reserved.