本日はネットミーティングおよび海岸線10㎞ラン+山登り

本日は休日です。 10時より11時まで、アウトドア関連の記事を書かせて頂いている「Nature Service」様とネット上でミーティング。 その後1時間ほど昼寝をし、午後1時より散髪へ。 そしてブラックダイヤモンド社製のウルトラディスタンスという超軽量Z型ストックのストラップを注文してあったので取りに行き、その帰りにいつもの海岸線を10kmラン。先日の100kmの疲れは殆ど残っていなかったかな? なので、7月の分水嶺トレイルも控えていることもあり、沼津アルプスに立ち寄り頂上まで駆け上がるトレーニングを こなしました。 しかし... このあと19:30より、地元自治会の会議が控えているのです。 あ~早くビールが飲みたい…

「第3回ぐるっと富士山一周 100kmウルトラ・マラニック」(結果)

5/20(土)に開催された「第3回ぐるっと富士山一周 100kmウルトラ・マラニック」。 好天に恵まれ、富士山の雄姿を360°、いろんな角度から眺めながらのrunができ最高でした!! 結果ですが、昨年よりもおよそ20分短縮でき11時間22分でのゴール。第3位でした。 今回も主催者の方やボランティアスタッフの方のおかげで、楽しく走りきることができました。 ありがとうございます!!

5/20(土)は「第3回ぐるっと富士山一周 100kmウルトラ・マラニック」

明後日5/20(土)、富士山周辺の道路をぐるっと一周する「第3回ぐるっと富士山一周 100kmウルトラ・マラニック」に出場してきます。 5/20(土)に開催と言っても、実際の集合時間は5/19(金)の21~23時で、スタートはその1時間後… つまり5/20になったばかりの午前0時、真夜中にスタートする大会なのです。 昨年も出場しましたが、参加者は100名にも満たない非常にこじんまりした大会です。 主催される方々の努力のおかげでしょうか、比較的低料金の参加費のわりに、幾つかあるエイドでのおもてなしも十分なほどです。 1年に1回はウルトラマラソンに出場しようと決めている私には、非常にありがたい大会です!! (写真は本文とは全く関係ありません。本日の千本浜公園にて「なぜかたくさんのハトに囲まれた私」です… )

分水嶺トレイルレース2017

ひょんなことから、2年前に出場した「分水嶺トレイル」というレースに今年も出場することになりました。 私が出場するのは、二つあるコースの内の短い距離の方。 奥多摩湖の一番上流側の鴨沢から、長野県の野辺山までを奥秩父の山々を越えていく山岳レースです。 距離にして全長84㌔、累積高低差は8200mを3日間以内で走破する、非常にタフなレースなのです。 2年前に出場した時は、寝不足で幻覚を見たりした経験もあります。 富山湾から静岡の大浜海岸までを8日間で駆け抜け、日本一過酷ともいわれる「トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」を目指している選手も多く出場しており、2年前の分水嶺トレイルレースでは、昨年度のTJARに出場・完走した選手を何人も見かけた覚えがあります。 せっかく頂いたチャンスですから、あと2か月間頑張って練習しようと思います!!

富士山 まぼろしの川を見に行く

昔から「八百八沢(はっぴゃくやさわ)」といわれ、たくさんの沢が存在する富士山ですが、そのどれもが雪崩の時の通り道であったりするだけで、実際に水は流れておりません。 それは、富士山の表面がスコリアよばれる暗赤色の火山の噴出物で覆われているため雨水や雪解け水が地下に染み込んでいってしまうためなのです。 そんな富士山に、1年の内のおよそ1ヵ月間だけ水が流れる川が出現します。 それが「富士山 まぼろしの川」… そして落差のある場所には「まぼろしの滝」がお目見えするのです。 例年、5月中旬ごろから6月中旬ごろまでの短い期間しか見ることができない、珍しい富士山の光景を、是非、見に行ってみませんか!!

最新記事
アーカイブ
  • Facebook Basic Square

Copyright (C) 2014 jiyusha All Rights Reserved.