9月15日は八ヶ岳(赤岳)へ

9月15日(木)、久しぶりに八ヶ岳の主峰・赤岳に登りました。午前2時に家を出発し、午前5時に美濃戸口のやまのこ村駐車場に到着。道中、雨が激しく降ったり止んだりの繰り返し。本日の山行は初めからレインコートを着込まなくては!? と思っていました。しかし、やまのこ村についた頃には雨はあがり、レインコートを着込まなくても大丈夫そうです。 赤岳山荘前の北沢コースと南沢コースの分岐より、本日は北沢コースを選択。苔むした樹林帯の中を通り、赤岳鉱泉を目指しました。途中、木道や渡渉の橋を幾つもわたり、赤岳鉱泉が見えてきました。ここには知り合いの登山ガイドさんがおり、一年半ぶりに会えるかと楽しみに!! 小屋に入り、その方を呼び出してもらうよう頼むと、もうすでに辞めたとのこと・・・残念でした。  そこから行者小屋をめざし、地蔵尾根を登っていくことに。非常に険しい急登をのぼり、お地蔵様がいる「地蔵の頭」という尾根筋へ。ここまでに他の登山客とすれ違ったり追い抜いたりした人数は数えるほどしかいませんでした。頂上についても女性の2人連れがいるのみです。あの赤岳でも9月の平日であるとこんなにすいているのかな? とても静かな山行をすることができ、ラッキーな一日でした!!

畑薙第一ダムから光岳へ(日帰りピストン)③

光小屋は静岡県々営の小屋であるのにもかかわらず、建てられている場所は長野県側だそうです!! この小屋で見覚えのある顔を発見!! 近寄ってみると同じガイド協会に所属する女性ガイドさんでした。 お久しぶりでした!! そしてそこからなだらかな道を10分ほど登っていくと光岳山頂(2591m)に到着します。 小さなピークで樹林に囲まれて展望はありませんが、10メートルほど進んだ所にある展望台で、南側のみ展望があり、寸又峡周辺の山並みほぼ全域を見渡せます。そして山頂から5分程いけば、この山の由来ともなった「光石」に行けます。海底深くから隆起した石灰岩の白い岩塊で、麓から望むと光岳の山頂が白く光っていることから光岳の名前が付いたとされている岩塊で、その上にも上ることができ、寸又峡源流部の山々を見渡せます。 深田久弥氏が百名山に選んだ理由がなんとなくわかる場所でしょうか... さて、畑薙の麓からこまでに要した時間は、6時間30分。少々飛ばし気味であったためか、バテでしたが、暗くなる前には麓へ帰りたい一心で、下山することに。途中、十数人の年配の登山者の方たちとお会いしましたが、殆ど全ての方が「百名山巡り」をされている方でした。それも90数か所すでに巡ってきている方ばかりで驚きです!! その後、茶臼小屋と横窪澤小屋の工事に使われた発電機やらユンボやらをヘリにて荷揚げし撤収する場面にも出くわし、中々の迫力感を味わう体験もでき、午後6時頃ようやく畑薙の駐車場に到着することができました...  疲れた~~~ ***光岳のガイド付き登山は「登山ガイドサービス 自遊舎」へ是非!!***

畑薙第一ダムから光岳へ(日帰りピストン)②

茶臼岳山頂にて、しばし360℃にみえる景色を楽しんだ後は、本日の目的地である光岳へむけ出発!! 茶臼岳から下りきったところに「仁田池」という小さな池がありますが、かつてはこの横に山小屋があったそうなんです。尾瀬の板敷みたいな道をとおりしばらく行けば、仁田岳の分岐点でもある「希望峰」に到着。ここからは針葉樹林帯の中の道で、登山道の傍らにはシダがたくさん生えています。 長野の易老渡からの合流地点である「易老岳」へ。ツガやモミなどの木が生い茂る展望のない山頂を越えコルまで下った後、今度は「センジヶ原」へのキツイ登り返しが... 疲れも出てきているせいか、このあたりが登り後半戦の一番シンドイところでしょうか。もう少しで「静高平」という所の少し手前、冷たくて水量豊富(今回は)な水場へ到着!!  「南アルプスの天然水」をたらふく頂き喉の渇きを潤せば、目的地はあとチョットです!! 「イザルヶ岳」の分岐をすぎると今度はなが~い木道が現れ、その先には「光小屋」が見えてきます....

畑薙第一ダムから光岳へ(日帰りピストン)①

9月1日午前4:10分、まだ真っ暗な畑薙第一ダム(沼平の駐車場)より光岳へむけて日帰り登山へ出発!! どうしても一日しか休日が取れなかった都合上、やむを得ずこのハードな山行を計画しました。 ホントはもっとゆっくりと景色を楽しみながら行きたかったのですが... 装備をできるだけ軽くし動きやすい服装を... と思った末に、「トレラン」風で行くことにしました。 格好はトレランですが、決して走ったり、飛んだり跳ねたり!? はせず、あくまで「早歩き」の登山です。 茶臼小屋に到着したのは、7時15分。とっても冷たい「南アルプスの天然水」をゴクゴク頂き、茶臼岳山頂へ向け出発!! 山頂へは7時45分に到着しました。 そこから振り返ると、聖岳や上河内岳(二百名山)、遠くに悪沢岳の雄大な山容が目の前に飛び込んできました!! まだ早い時刻であったためか、遮る雲もいまだありません...

最新記事
アーカイブ
  • Facebook Basic Square

Copyright (C) 2014 jiyusha All Rights Reserved.