5つある富士登山ルートの難易度と混雑度

現在、富士山にある登山道は、山梨県側の「吉田ルート」と静岡県側にある「富士宮ルート」、「須走ルート」、「御殿場ルート」の4つに加え、2008年8月7~8日に、今の令和天皇が皇太子時代に登られて以来その名が付けられた「プリンスルート」があります。 それぞれに違った特徴を持ち合わせるため、どのルートから登ろうかな??? と迷っていらっしゃる方も多いのではないかと思います。 では、何を基準に登山道を選びますか? あれこれ考え、非常に悩ましいところではなかろうかと思いますが、それも一生に一度!? の富士登山計画をする上での楽しみの一つではではないでしょうか... マウンテンガイドサービス自遊舎の「富士登山ツアー」がお客様におススメする登山道といたしましては、「難易度が低く」、その上「混雑度も非常に少ない」〝プリンスルート”を一番におススメしております! 最も標高の高い富士宮五合目(2,400m)よりスタートし、富士宮六合目からは1707年に噴火した宝永火口の中を通り御殿場ルートの六合目へ合流。ここから先は、比較的傾斜が緩く歩き易い登山道が山頂まで続きます...  もちろん山頂直下の渋滞なんかもございません! 一生に一度の富士登山!?... 富士山を楽しく登るためには「ルート選び」も重要ですよ! 登山道をお決めに目になる際は、是非、「プリンスルート」もご一考いただければと思います! こんな記事も見つけました!もしよろしければご一読下さい!👇 富士山登山ルートは実を言うと5つ!難易度・混雑度を知って世界遺産を楽しく登ろう(外部サイト)

最新記事
アーカイブ
  • Facebook Basic Square

Copyright (C) 2014 jiyusha All Rights Reserved.